ブログは継続ではなく完結させることが重要な理由【続かない人必見】

副業としてブログを検討する中で、

続かなかったらどうしよう…と、なかなか始められず悩む方も居るのではないでしょうか?

そういった方に向けて、ブログは継続ではなく完結させることが重要というお話をしようと思います。

ブログを完結させるとは、必要な記事を投稿し終えたら、新規記事は投稿せず、リライトに専念する状態を指します。

必要な記事数はジャンルにもよりますが、30記事~50記事程度がおすすめです。

目次

ブログを完結させる理由

ブログを完結させる理由は以下の通りです。

  • 高品質な記事が投稿しやすいため
  • モチベーションを維持し易いため
  • 記事メンテナンスがし易いため

1つ1つ丁寧に解説していきます。

高品質な記事が投稿しやすいため

ブログを完結させることを意識せず、記事投稿をし続けると、収拾がつかなくなり低品質な記事を量産しがちです。

「毎日投稿」、「100記事投稿」など、なんとなく記事数を増やす行為はNGです。

そこで、ブログを完結させる前提で記事投稿を行い、記事数を減らすことで、1記事あたりの質を最大化するわけです。

さらに、それらの記事同士を内部リンクで繋ぐことで、より専門的なブログとなります。

このような専門的なブログは、検索上位を狙いやすいとされております。

ウェブページ/ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の量は非常に重要です。

Google品質評価ガイドラインp19

モチベーションを維持し易いため

「30記事でブログを完結させる」といったゴールが明確だと、モチベーションを維持しやすいです。

逆に、毎日投稿みたく永遠に記事投稿し続けるような場合、モチベーションは低下しがちです。

ゴール設定を見据えるためにも、なるべく少ない記事数で成立するブログを検討しましょう。

記事メンテナンスがし易いため

ブログ内に記事が少なければ、記事把握が容易になります。

当然、記事のリライトが手軽ですし、記事同士の内部リンクも検討しやすくなります。

記事数が膨大になるほど、記事把握は難しく、リライトや内部リンクの検討も困難になります。

だからこそ、少ない記事数で完結するブログがおすすめです。

ブログ完結に必要な考え方

ブログ完結に必要な考え方は以下の通りです。

ブログ完結に必要な考え方

  • サイト設計
  • 適切なリライト
  • 内部リンクの検討

サイト設計

サイト設計とは、誰のどんな悩みを解決するブログか明確にすることでブログのコンセプト作りにあたります。

例えば、このブログの場合、

ブログを始めようか悩んでいる方に、背中を押してあげるためのブログです。

このように、コンセプトを明確にして、それに必要な記事を事前検討し、投稿していきます。

逆に、アクセス数や成約率を参考にしながら、コンセプトを決める方法はおすすめしません。

なぜなら、途中で記事が不要になって削除したり、最悪ドメインを取り直して最初から始めることに繋がるからです。

要するに、無駄が多く効率が悪いのです。

適切なリライト

記事数が少ない分、1記事あたりの質を最大化すべく、必ずリライトを行いましょう。

ブログ初心者が最初から高品質な記事投稿をするのは不可能です。

まずは6割程度の出来具合で投稿を行い、その後、検索上位の記事を参考にしながらリライトしましょう。

最初から10割を目指すと、いつになっても記事投稿できなくなってしまうので注意が必要です。

内部リンクの検討

記事同士を内部リンクで繋ぐことで、より専門的なブログになります。

リンクが張り巡らされていることで、Googleの検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなり、インデックスされやすくなります。

なので、内部リンクで繋げられない独立した記事はなるべく投稿作らないように意識しましょう。

また、読者がクリックしたくなる別記事を内部リンクすることとして、

まったく関連性のないリンクを、とりあえず内部リンクが大事だからという理由で張らないよう意識しましょう。

まとめ

今回はブログ運営では継続より完結させる意識が大事という話をしました。

ブログ初心者が高品質な記事を書くためには、記事数を絞っても成り立つブログを検討すべきです。

なぜなら、ブログ規模が大きいほど大量の記事が必要になり、収拾がつかなくなり、挫折するからです。

まずは、サイト設計を行った上で記事投稿するようにしましょう。

今回の記事は以上となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

超ニッチなブログを運営しております。
辿り着いてくれた方には感謝です!
気ままな投稿ですが見て頂けると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる